すずめ共同作業所について

「たとえ明日食べることに困ってもいいから、自分たちが生きていると実感できる生き方をしたい」

「たとえ明日食べることに困ってもいいから、自分たちが生きていると実感できる生き方をしたい」という強い願いをもって誕生した作業所です。障害の種別、障害の程度を問わず、「働きたい」と願う全ての人を受け入れようという理想に燃えた若者たちが灯したともしびでした。働いて食べることのできる仕事にはほど遠い現状だけれど、初めの志は忘れず、今も元気にその時を目指して日々を仲良く過ごしています。

 

Nomalization [ノーマライゼーション]

障害者と健常者とは、お互いが特別に区別されることなく、社会生活を共にするのが正常なことであり、本来の望ましい姿であるとする考え方。

ノーマライゼーションは、障害者のためだけの考えではありません。その基本理念は“みんなが幸せ”に生きるために、というものです。障害者に関して、彼らを取り巻く社会環境は厳しいものがあります。障害に対する私たち自身(社会)の取り組みを見直し、障害者が安心して暮らせ、それが“当たり前”な事として受け止められる社会が早く実現することを望みます。私たちはこの理念を「目標」に、地域の人々との交流・ふれあいを大切に地域に根ざして歩み続けていきます。

 

 

地域の中で働き生きていきたい

すずめ共同作業所は1975年11月17日に、同じ障害者施設っで利用者と職員であった4名の若者の「食・住が保証されているだけの施設ではなく、地域の中で働き生きていきたい」という強い願いのもとに、お母さんたちの支援を受けて発足しました。以来30年。人並みに働き、収入を得ることの困難さに直面しながらも、民主的な運営と障害のある人を中心とした取り組みをしてきました。今日ではその輪も少しずつ広がり、6つの施設を運営するまでになりました。関係者はもちろん、あらためてこの運動の必要性を実感しています。しかし、残念ながらまだ自ら 働いたお金で自立することはできていません。社会全体での真剣な取り組みが必要です。私たちは、これまでの活動を振り返りながら、障害者も共に全く同じ社会で生きていける“ノーマライゼーション社会”の実現を目指します。

基本方針

  1. 一人ひとりの人格を尊重しよう。
  2. みんなの施設を大切に使おう。
  3. 訓練、仕事はいつも真剣にしよう。
  4. “自立”を目標にしよう。
  5. 地域のみなさんとの交流を深めよう。

作業内容

ピンチ・下請科

洗濯ばさみの製造・販売、造花などの下請

ピンチ(危機ではありません)洗濯バサミを開所当時より組み立て販売しています。

牛乳パックリサイクル、廃油石鹸作りや出来そうな下請け作業をあ~でもない こ~でもないと、みんなで工夫して行なっています。

 

陶芸科

干支の土鈴をはじめ創作作品の製造・販売

陶芸科では、干支の土鈴製作を年末の販売に向けて行なっています。

また、バザー用の皿や植木鉢づくり、美術展出品の創作活動も積極的に行なっています。

 

 

印刷科

名刺・はがき・封筒をはじめあらゆる印刷

印刷科では、オフセット印刷機や孔版機による各種印刷をはじめ、レーザー彫刻機バーサレーザ によるアクリルや木片の加工、マスターマインドによる綿印刷等をのんびりたまにバタバタとやってます。

 

軽作業科

軽作業(アクセサリー制作・封入作業、キクザ)野菜等仕入れおよび販売

軽作業科では、トマトの仕入れ・販売、封入作業や軽作業を行っています。

小物作りをしてすずめのお店やバザーに出展しています。

また、喫茶店のお手伝いもしています。

 

喫茶すずめ

喫茶では、接客やお弁当作りとランチ作りをしています。

事務では、売上の計算や売上入力と買ってきた物のレシートの

貼り付けと打ち込みをしいます。

 

このサイトについて

本サイトの作成につきましては「高知県共同募金会」の平成22年度補助事業によって行われております。